宮前区の歯科、溝の口・宮崎台・宮前平近くの歯医者は阿部歯科医院

インプラント

歯を失った場合の治療

歯を失った場合の治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3通りがあります。
当院では、患者様一人ひとりの歯の状態とご要望(治療期間やご予算など)に合わせてご提案させて頂きます。

歯を失った場合の治療の中で、このページではインプラントとノンクラスプデンチャーについてご説明致します。
最近はノンクラスプデンチャーを選択される患者さまが増えています。
各治療のメリット・デメリットをご理解頂き、あなたに合う治療法を選択してください。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯を何らかの理由(事故、虫歯、歯周病など)で失ってしまった際に、その部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、まるで天然の歯に戻ったかの様に出来る治療法です。従来は、取り外し式の入れ歯(義歯)か固定式のブリッジしか歯を失ってしまった部分を補う方法はありませんでした。

インプラントは、人工歯根(インプラント)としてチタンという金属を埋め込みます。骨との相性がよく、数ヶ月で骨と結合します。そのため人工歯根(インプラント)は、咬む力が天然の歯とほぼ同等となり、何でも咀嚼(そしゃく)出来るようになります。

その上、人工歯根(インプラント)は他の残った歯の寿命を延ばす役目もします。通常、失った歯の欠損部分を補うように残りの歯が頑張って咀嚼しようとします。そのため残りの歯への負担が増し、その寿命を短くしてしまうのです。

インプラントの治療の流れ

1.検査・診断・治療計画

レントゲンを撮影し、模型を作るための型をとります。必要に応じてCT撮影をして診断を行います。インプラントをどこに何本埋入するか、歯をどうするか、細かい所まで相談して決めていきます。

検査・診断・治療計画

2.手術

一次手術(人工歯根を埋める)

麻酔を行いインプラントを埋め込むための穴を作ります。骨にインプラントを埋め込み、キャップをして、歯茎を閉じます。埋め込んだ後は、骨とインプラントがしっかりと結合するのを数ヶ月待ちます。

二次手術(連結部分を装着)

インプラントと歯を繋げる連結部分を装着します。

手術

3.補綴処置(人工歯を装着)

人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

インプラントと言っても普通の歯と変わりません。普通の歯はお手入れをさぼっているとむし歯になるようにインプラントはインプラント歯周炎になることがあります。せっかく入れた新しい歯を失わないようにしっかりとお手入れをしましょう。

補綴処置(人工歯を装着)

4.メンテナンス

自分の歯もインプラントも長持ちさせるためには毎日しっかりとお手入れ(歯磨き等)し、
必ずメンテナンス(定期検診)を受けていただくことが大切です。

よくあるご質問

インプラント治療は、誰でも受けられるのでしょうか?
年齢
 
インプラントを埋入した所は骨の成長が妨げられるので、発育過程の方にはできません。骨の成長が止まる20歳くらいからなら、大丈夫です。
全身状態
 
糖尿病などの全身疾患がある方は、その病気のコントロールがうまくいっているかによって、治療ができるか決まります。
骨量
 
顎の骨(歯槽骨)の量が十分にあるか?ない場合でも他の手術の併用により可能な場合もあります。
不適
 
 
 
 
成長過程の方、免疫不全や骨粗鬆症、1型糖尿病の方はできません。口腔周囲に放射線治療を受けている方はできません。口腔内の衛生状態が悪い方、歯周病の方、骨量が少ない方、喫煙者、2型糖尿病の方は生活習慣の改善や医科の治療によるコントロールにより治療ができる場合があります。
高齢でも治療は受けられますか?
骨の成長が止まる20歳以上でしたら、年齢制限は特にないです。上記の(1)の内容と高齢者は身体機能の低下が起きているため、外科処置に対するストレスが問題で、それに対する配慮が必要です。
インプラント治療の際は、痛みはありますか?
手術中は麻酔が効いていますので、痛みを感じることはありません。術後、麻酔が切れて来ると痛みが生じる場合がありますが、痛み止めの服用により症状は軽減されます。

ノンスクラプデンチャー

ノンスクラプデンチャーとは、金属クラスプ(バネ)を使用しない入れ歯のことです。
透明度の高い素材で、金属バネを使用せず、ひと目で入れ歯とはわからないほど自然で目立ちにくく、審美性に優れています。新開発された樹脂から製作している為、従来の入れ歯と比べて大変軽くしなやかで、入れ歯を付けているのを忘れてしまうほど、ジャストフィットします。

今まで、入れ歯に抵抗があった患者さん、
現在お口に合っていない入れ歯をお使いの患者さん
インプラントにしたいが、手術が不安な患者さん
などへ、自信をもってお勧めいたします。

自然な美しさを限りなく追求したノンスクラプデンチャーは、
安心して使い続けられる機能性と耐久性をもった新しい入れ歯です。

ノンスクラプデンチャーのメリット・デメリット

インプラントとは

●ノンスクラプデンチャーのメリット
・透明感のある素材のため、入れ歯だと人から気づかれない
・適度な弾性があり、装着時にやさしくフィット
・臭い・汚れがつきにくく、耐久性が高い

●ノンスクラプデンチャーのデメリット
・歯の状態によっては使用できない場合がある
・自費診療となる

※ノンスクラプデンチャーは健康保険適用外となっております。
費用は患者様の状態によって異なりますので、まずはご相談下さい。

神奈川県川崎市宮前区、高津区・溝の口・宮崎台・宮前平より通院便利な阿部歯科医院です。
一般歯科・小児歯科・予防歯科・審美歯科・入れ歯・インプラント・ホワイトニング等を行っております。

ページの先頭へ